目的

-現代につながる鎌倉時代の「食」文化-
千葉氏フォーラムでは、「食」をテーマに、千葉氏の活躍や鎌倉文化を検証するとともに、現代とのつながりや「千葉氏グルメ」として甦らせることについて議論を展開します。

実施概要

日時 平成29年6月4日(日)13:00~17:00
会場 千葉商工会議所 第1ホール(中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館14階)
主催 千葉氏サミット実行委員会
後援 国立歴史民俗博物館

実施内容①

1部/講演
 テーマ ~千葉常胤の元旦の祝膳~
 源頼朝が鎌倉に本拠を移した初めての正月に、千葉常胤が御家人を代表して献じた料理を検証することで、鎌倉時代から現代に繋がる「食」文化を考えます。
 田中大喜先生 国立歴史民俗博物館准教授   13:10~13:40
  「常胤のおもてなし -治承5年正月1日の垸飯の歴史的意味-」
 小倉慈司先生 国立歴史民俗博物館准教授   13:40~14:10
  「常胤が献じたご馳走」
 村木二郎先生 国立歴史民俗博物館准教授  14:20~14:50
  「美味しく作る、華やかに盛る-中世の調理具と食器-」
 小野正敏先生 国立歴史民俗博物館名誉教授 14:50~15:20
  「饗宴に読む頼朝の御所」

実施内容②

2部/パネルディスカッション 15:40~16:40
 テーマ ~豊かな恵みに支えられた千葉氏のグルメ~
 自然環境豊かで、温暖な気候に恵まれた房総半島。そこを治めていた千葉氏が食べていたであろう「食」を様々な視点から考察し、現代のグルメとして甦らせることについて議論を展開します。

☆パネリスト
 ・小倉 慈司氏(国立歴史民俗博物館准教授)
 ・村木 二郎氏(国立歴史民俗博物館准教授)
 ・中島 悠介氏(ちーバル実行委員長、株式会社エスト・ジャポーネ 代表取締役)
 ・伊尾木 将之氏(クックパッド株式会社 研究開発部、日本家政学会 食文化研究部会 幹事)

(順不同)

☆コーディネーター 濱名 徳順氏(千葉氏顕彰会副会長)

動画記録

あいさつ

1部講演

2部パネルディスカッション

配布資料

田中大喜先生
常胤のおもてなし―治承5年正月1日の垸飯の歴史的意味―
(全3ページ)

小倉慈司先生
常胤が献じたご馳走
(全2ページ)

村木二郎先生
美味しく作る、華やかに盛る-中世の調理器具と食器-
(全1ページ)

小野正敏先生
饗宴から読み解く頼朝の御所
(全2ページ)

議事録(文言の整理をした関係で、一部発言と異なる部分があります。)

あいさつ

実行委員会委員長 千葉 滋胤 氏 挨拶 (全3ページ)

千葉市長 熊谷 俊人 挨拶 (全2ページ)

1部講演

田中大喜先生
常胤のおもてなし―治承5年正月1日の垸飯の歴史的意味―
(全7ページ)

小倉慈司先生
常胤が献じたご馳走
(全2ページ)

村木二郎先生
美味しく作る、華やかに盛る-中世の調理器具と食器-
(全9ページ)

小野正敏先生
饗宴から読み解く頼朝の御所
(全11ページ)

小野氏議事録図1 (全1ページ)

小野氏議事録図2 (全1ページ)

小野氏議事録図3 (全1ページ)

小野氏議事録図4 (全1ページ)

2部パネルディスカッション

パネルディスカッション (全18ページ)